三橋 こすもさん

総合デザイン学科インタビュー

総合デザイン学科3年 三橋 こすもさん

学科の魅力を教えてください

総合デザイン学科は、デザインに興味があるけれど具体的にどの分野のデザインを学びたいのか定まっていない人にとって、視野を広げる場としてとても有効です。例えば、製図一つとっても、建築の製図と機械製図の両方を学び、コンピュータでCADを使った製図を行うとともにアナログな製図も行うなど、幅広く学ぶことができます。
こうした学びを通して、自分の興味や進みたい方向性が見えてくるところがこの学科の魅力だと思います。

湘南工科大学の特色は、どんなことですか

湘南工科大学は、他大学と比較して小規模なところが良さだと思います。一人の先生に対して学生数が多すぎないため、授業についてのサポートが受けやすい環境が整っています。
特に実習の授業などはアットホームな雰囲気で行われるため、疑問点をその場で気軽に先生に聞くことができ、学生同士の意見交換も活発です。また、3Dプリンターやレーザーカッターなど、最新の設備が充実しているので、納得のいく作品づくりができます。

大学生活を通じて、自分自身はどんなところが成長しましたか

大学生活を通じて最も身についたのは、「自分の考えを他者に伝える力」です。プレゼンテーションを行う授業も多く、はじめは緊張したのですが、回数を重ねるうちに大人数の前で話すことにも抵抗がなくなり、落ち着いて話せるようになりました。プレゼンテーションは、自分の成果を多くの人に見てもらう大切な場なので、その能力が身についたことは大きな成長だと感じます。
また、先生に自分の作品を見てもらう際にも、絵や図を有効に使って的確に説明する力も向上したと実感しています。

オフの日は、どのように過ごしていますか

海岸沿いを通る国道134号線は平坦な道で景色も良いので、晴れた日は材木座海岸から湘南海岸沿いをサイクリングして気分転換をすることが多いです。鎌倉・藤沢・江の島エリアでは、源氏山公園がお気に入り。春は桜、秋には紅葉が楽しめる自然豊かな公園で、空気も澄んでいてリラックスできます。