三條 来明さん

機械工学科インタビュー

人間環境学科4年 三條 来明さん

学科の授業で一番熱心に取り組んでいる授業を教えてください

人間環境学科は、健康・環境・医療の3つの分野から総合的な工学技術が身につけられるのが魅力です。その中でも私がこれまで一番熱心に取り組んだ授業は「スポーツ工学」です。
これは、筋や骨など、人体を構成する複雑なしくみについて解剖学的・生理学的な側面から学ぶ授業。 筋や骨の名称を覚えるのに苦労しましたが、自分の身体に関わる専門的な知識を得ることができ、とても興味深かったです。この授業を通して色彩効果がパフォーマンスに及ぼす影響にも関心を持つようになり、「健康科学」の領域により興味が沸くようになりました。

湘南工科大学の特徴は、どんなことだと思いますか

湘南工科大学の学びの特徴は、アクティブラーニングを積極的に取り入れていることだと思います。 グループワークやディスカッションを行うことで、学生全員が能動的に授業に参加し、理解を深めることができます。
また、コラボレーションルームと呼ばれるアクティブラーニングを効果的に実施できる環境が整っています。電子黒板や可動式テーブルなどの先進的な設備には学修意欲を刺激されました。

大学生活を通じて、自分自身はどんなところが成長しましたか

湘南工科大学での学びを通して自分が一番成長したと感じるのは、“論理的な考え方”が身についたことです。 毎週与えられるテーマについて、グループメンバーと意見を交わす中で、回数を重ねるごとに議論のテンポが良くなっていくのを実感しました。これは、自分が主張したいことを分かりやすく簡潔にまとめられるようになった証だと考えています。
今後は、さらにさまざまな学生とグループワークを行うことで、新たな価値観に触れながら自分自信の視野を広げていきたいと思っています。

キャンパスで好きな場所は、どこですか

キャンパスの中で好きなスポットは図書館です。 図書館特有の静かで集中できる環境は、課題やレポートを作成するのに最適で、リラックスしたい時にも利用しています。
館内の視聴覚コーナーは、新作映画や話題作なども充実していて、空いた時間に気軽に利用できるのでお勧めです。 ほかにも、朝食が0円で食べられる「湘南ブレックファスト」がお勧めです。1時限目があるときは必ず利用していて、1日を頑張る原動力になっています。